愛媛大学大学院理工学研究科
[English]
研究分野と指導教員

アジア防災学特別コース

 アジア防災学特別コースの研究目的はアジア圏の自然災害の特性の解明と対策法の開発であり,教育目標は自然災害に関する高度な知識と先端的な研究能力を持つ研究者・技術者の育成です。研究は,地すべり災害,洪水災害,地震災害,海岸災害,構造物被害,情報伝達などについて行っています。

教員名と研究分野
コンクリートおよびひび割れ部の物質移動特性と鉄筋コンクリート部材の変形とひび割れの時間依存性挙動に関する研究
氏家 勲
構造物および地盤の地震応答,なかでも非線形動的相互作用,杭基礎への地盤液状化の影響,強震道の分析とモデル化,地震被害調査,それらの地震防災への応用
森 伸一郎
地震時の地盤の液状化対策,動的性質に関する研究
岡村 未対
都市気候形成プロセス,流域における水循環,再生可能エネルギー利活用技術に関する研究
森脇 亮
海洋レーダと数値モデルを用いた津波減災技術の開発,およびプラスチックによる海洋汚染に関する研究
日向 博文
熱−水−応力−化学連成場における不連続性岩盤の力学・水理特性に関する研究
安原 英明
プラズマプロセスとソノプロセスに関する研究
野村 信福
人間と共存する知能機械のための制御システム論
柴田 論
分散処理,並列処理,協調処理,およびその関連領域:セキュアプロセッシング,分散トランザクション処理,個人向け情報配信システム,ICT技術を用いた地域情報化
小林 真也
地震防災とハザード評価,地すべりクリープメカニズム,粘性土の残留強度特性に関する研究
バンダリ ネトラ プラカシュ



Home
Copyright 2005 理工学研究科 All Rights Reserved.