愛媛大学大学院理工学研究科
[English]
研究分野と指導教員

◆物質生命工学専攻

 科学技術の飛躍的進歩は,新素材,高機能物質の開発及び生命科学現象の有効利用に大きく依存している。特に近年の科学技術の高度化と工業分野の多様化に伴い,新素材・新材料の開発,多彩な機能を有する新物質の設計と製造,製造プロセスの開発と環境への負荷の低減並びに生物・生体有用物質の効率的生産が求められている。

 本専攻は,このような時代の要請に応えるため,物質生命工学に関する基礎から応用に至る広範な専門分野を包括し,原子・分子レベルでの材料設計,高機能物質の創造,材料の高付加価値化並びにバイオテクノロジーについての教育と研究を目指すものである。

 そのため本専攻は,材料物性工学分野,材料開発工学分野,反応化学分野,物性化学分野,生物工学分野の5分野で編成され,相互に連携を図りつつ,基礎と応用に関する幅広い知識と展望に支えられた総合的で高度な研究と教育を行う。

 なお本専攻は博士前期過程として機能材料工学コースと応用化学コースを有する。

機能材料工学コース
応用化学コース

Home
Copyright 2005 理工学研究科 All Rights Reserved.