愛媛大学大学院理工学研究科
[English]
研究分野と指導教員

機械工学コース

 機械工学コースにおける教育研究活動は,新たな機械機能・構造の開発につながる基礎的,応用的な課題について互いに関連させながら活発に展開し,高度な開発・研究能力を身につけた専門職業人の育成を目指しています。研究課題は,機械・構造体の材料強度・動力学特性の評価と信頼性設計,新材料の創製,適応運動制御とヒューマンインターフェース,熱・流体の基礎的現象の解明と制御手法などを中心に,機械システム学,エネルギー変換学,生産システム学の3分野で担当しています。講義科目は,学部における基礎的専門科目の応用科目と先端課題の特論的科目を主体にして体系的に構成しています。

コースホームページ


▼機械システム学分野

 本分野は,機械力学,制御工学,ロボット工学の研究分野で構成されており,機械構造物の動力学,形状最適化,機械の知的制御,人間工学,メカトロニクス,知能システムに関わる問題について教育と研究を行っています。

教員名と研究内容
材料や構造物の動力学および応力波の伝ぱ
曽我部 雄次
固体のマイクロメカニックスとその材料科学への応用
有光 隆
機械構造の形状最適化に関する研究
呉 志強
人間と共存する知能機械のための制御システム論
柴田 論
ロボット工学,動力学と振動・制御,計算力学
岡本 伸吾
ロボット工学・メカトロニクスおよび知能的センシングに関する研究
李 在勲
人間共存型ロボット,福祉デバイス
山本 智規



▼エネルギー変換学分野

 本分野は,熱工学,流体工学,熱及び物質移動学,機械数理学の研究分野で構成されており,熱工学,熱流体力学,流体工学,レオロジー,サスティナブルエネルギー,ゼロエミッション,偏微分方程式,数値解析に関わる問題について教育と研究を行っています。

教員名と研究内容
水素および炭化水素エネルギーの有効・安全利用燃焼技術に関する研究
中原 真也
複素関数論の諸分野への応用
宗野 惠樹
熱流体の乱流解析,水素安全性解析
松浦 一雄
非ニュートン流体の流動メカニズムの解明とその応用
保田 和則
流体工学を応用した諸問題への取り組み
岩本 幸治
プラズマプロセスとソノプロセスに関する研究
野村 信福
高密度媒体中での放電に関する研究
向笠 忍
偏微分方程式論
若杉 勇太



▼生産システム学分野

 本分野は,機器材料学,特殊加工学,材料力学の研究分野で構成されており,先進材料における固体物理と強度評価,材料創成,特殊加工,金属の先進塑性加工,CFRPの成形加工に関わる問題について教育と研究を行っています。

教員名と研究内容
先端構造用材料の強度・損傷評価
高橋 学
液中プラズマによる材料の高速形成
豊田 洋通
特殊加工技術を用いた材料及び構造設計
朱 霞
複合材料および不均質材料の力学的モデリングと強度信頼性評価,CFRPの加工法
黄木 景二
極限環境場を利用した新奇な材料の創生
松下 正史
工業材料の機械的特性の評価
堤 三佳

Home
Copyright 2005 理工学研究科 All Rights Reserved.