学位授与の方針

  1. 機械工学,電気電子工学,環境建設工学,機能材料工学,応用化学及び情報工学の一分野についての専門的知識をもち,ものづくりやシステムづくりに活用できる。(知識・理解)
  2. 科学や技術が社会に及ぼす影響を理解しつつ,ユニバーサルな高い視点から,自立的かつ論理的な判断を行うことができる。(思考・判断)
  3. 問題を解決するために必要となる専門的知識を自ら修得するための継続的に学習する能力をもつ。(関心・意欲)
  4. 専門知識を総合的に活用しながら,問題を世界的な視野から位置づけることができる。(態度)
  5. 自らの思考・判断のプロセスを説明し,伝達するためのプレゼンテーション能力,コミュニケーション能力をもつ。(技能・表現)

機械工学科

  1. 自然との調和,人間と機械および社会との協調について,多面的な視点から考えて実践することができる。(工学部DP2,5に対応,JABEE(A)に対応)
  2. 機械技術が社会と自然に及ぼす影響と効果を理解し,倫理観と責任感のある技術者として正しい判断ができる。(工学部DP2に対応,JABEE(B)に対応)
  3. 機械工学の理解とその活用に必要な数学・自然科学・情報技術の基礎と応用に関する知識と能力を修得している。(工学部DP1,5に対応,JABEE(C)に対応)
  4. 機械工学に関する知識を利用して,機械技術をはじめとする幅広い問題に対処できる。(工学部DP1に対応,JABEE(D)に対応)
  5. 自ら課題を設定し,それを計画的に実行・解決するための創造力と継続的な学習能力をもつ。(工学部DP1,3に対応,JABEE(E)に対応)
  6. 技術者として必要な日本語によるコミュニケーション能力ならびに国際社会で必要な英語によるコミュニケーション基礎能力をもつ。(工学部DP4に対応,JABEE(F)に対応)

電気電子工学科

  1. 数学・物理学の基礎的知識および電気電子工学に関する専門的知識を修得し,工学的な手法により小規模のシステムを分析・設計する能力を持つ。(知識・理解)
  2. 全地球的な視点に立って,科学・技術が自然環境や社会に及ぼす影響を自立的に判断できる。(思考・判断)
  3. 問題を発見・解決するために必要となる専門的知識を自律的に修得する能力を持つ。(関心・意欲)
  4. 思考・判断の過程を論理的に説明し,伝達するための言語的表現能力を持つ。(技能・表現)
  5. 自然環境や社会の変化に柔軟に対応しつつ,自らの適性を探求し,磨くことができる。(態度)

環境建設工学科

土木工学コース

 土木工学コースでは,次世代の社会基盤整備,持続可能な環境創造を担えるよう,以下のような能力をもつ人材を輩出します。

  • A(c). 自然科学,専門学力と課題解決能力

     自然科学と環境建設工学に係わる専門科目の基礎知識と応用力を有し,与えられた課題に対して適切な解決策を提案できる能力

  • B. 課題設定と総合応用能力

     地球的な視野を持ち,かつ地域の視点で解決すべき社会的課題を設定する能力,および自然環境,防災・減災,社会基盤の機能向上に対処できる総合応用能力

  • C. 自主的・継続的学習能力

     時代とともに変化する社会の状況や要請に対応して,自己の能力を高めるために,自主的,継続的,計画的に学習できる能力

  • D. 技術者としての倫理感

     自らが関係する技術の実践が人類の幸福や公共の利益に貢献できるかについて,理性的・論理的判断を自律的に下すことができる能力

  • E. コミュニケーション能力と協働活動

     論理的な文章の作成と効果的なプレゼンテーションなどにより自分の意見を相手に伝えるとともに,論証に裏付けされた討議によるコミュニケーションを行うことにより,与えられた制約の下で,多様な人々とともに協働活動ができる能力

  • 社会デザインコース

     社会デザインコースでは,持続可能な環境創造,豊かなまちづくり・国土デザインを担えるよう,以下のような能力をもつ人材を輩出します。

    • A(s). 社会・自然科学,専門学力と課題解決能力

       社会科学、自然科学と環境建設工学に係わる専門科目の基礎知識を有し,これらを融合して社会的課題の解決法を提案できる能力

    • B. 課題設定と総合応用能力

       地球的な視野を持ち,かつ地域の視点で解決すべき社会的課題を設定する能力,および自然環境,防災・減災,社会基盤の機能向上に対処できる総合応用能力

    • C. 自主的・継続的学習能力

       時代とともに変化する社会の状況や要請に対応して,自己の能力を高めるために,自主的,継続的,計画的に学習できる能力

    • D. 技術者としての倫理感

       自らが関係する技術の実践が人類の幸福や公共の利益に貢献できるかについて理性的・論理的判断を自律的に下すことができる。

    • E. コミュニケーション能力と協働活動

       論理的な文章の作成と効果的なプレゼンテーションなどにより自分の意見を相手に伝えるとともに,論証に裏付けされた討議によるコミュニケーションを行うことにより,与えられた制約の下で,多様な人々とともに協働活動ができる能力

    • 機能材料工学科

      1. 材料の基本である物質の構造・性質および材料の機能を理解できる能力,材料のプロセッシング技術の基礎を理解できる能力,社会が必要としている材料利用と設計の基本が理解できる能力,および自ら実験を計画,実行し,実験結果を解析できる基礎能力を持つ。(知識・理解)
      2. 科学技術が自然・社会に及ぼす影響とそれに対する技術者としての責任について理解しつつ,グローバルな視野から判断できる能力と素養を持つ。(思考・判断)
      3. 自ら課題を探し,種々の科学・技術・情報を利用し自ら考え解決する能力,および自己管理能力を高め継続的に自己啓発できる能力を持つ。(関心・意欲・態度)
      4. 論理的な記述や口頭によるプレゼンテーションと討論ができる基礎能力を持つ。(技能・表現)

      応用化学科

      1. 化学についての専門知識と専門技術,ならびに幅広い教養を習得し,それらを実社会で適切に活用することができる(知識・理解)
      2. 化学的根拠に基づき,広い視野と自立的かつ論理的な判断をもって問題に対処し,解決策を提示することができる(思考・判断)
      3. 科学技術の進歩に関心を持ち,自己の知識や技術の向上のための努力を継続することができる(関心・意欲)
      4. 論理的な文章の組立て,効果的なプレゼンテーション,良好なコミュニケーションを通じて,自らの考えを適切に表現できる(技能・表現)
      5. グローバルな視野をもち,多様な人と協働しながら,信念と情熱,そして倫理観と責任感を持って社会に貢献することができる(態度)

      情報工学科

      専修コース

       数理科学,自然科学等の知識を応用して社会に貢献する情報システムを自立的に開発・創造・維持することのできる高度な情報技術者の育成を目指す。この目標のために,次のような知識・能力を網羅した技術者を育成する。

      1. インターネットを活用した地球的・国際的な視野のもとで,現代社会が直面するさまざまな課題に柔軟に対応できる。
      2. 科学技術をめぐる倫理的な課題に対して正確な理解力や的確な判断力を身に付け,社会における技術者の任務・責任を負うことができる。
      3. 数学,自然科学等の基礎的知識と情報工学に関する専門的な知識を有し,それらを情報社会における諸課題の探求・解決へ自主的・持続的に応用できる。
      4. 情報社会の高度化・複雑化が進む中,自ら課題を発見し,自主的・総合的に学習・研究して解決する能力を有する。
      5. 諸課題に対する論理的な思考能力と記述能力,日常生活を営むための表現力,コミュニケーション能力などの基本的な知識と技能を有する。

      一般コース

       情報工学を学ぶ際,自身の興味や価値観に基づいて特定の内容を深く追求し,更にこれを核として他の工学分野での幅広い知見を身につけることで,情報技術の社会応用や情報システムの開発・創造・維持など広い分野で活躍する人材を育成することを目標とする。この目標を達成するため,次のような知識・能力を持つ人材を育成する。

      1. 豊かな人間性と広い視野のもとで,社会が直面するさまざまな課題に,柔軟かつ継続的に対応できる。
      2. 社会のもつ倫理的な課題に対して,その本質を正確に理解し,的確な判断のもとで,自らの果たすべき任務や責任を全うできる。
      3. 数学,自然科学等の基礎的知識と情報工学に関する専門的な知識を有し,それらを応用することで社会の発展に貢献できる。
      4. 社会に存在する諸課題を自ら発見し,その解決を主体的に行うことができる。
      5. 諸課題に対する論理的な表現能力(記述能力,コミュニケーション能力)をはじめとして,広く日常生活を営むために必要な豊かな表現力を有する。